スポンサーリンク

LOVESICK PUPPIES -雑記

日曜昼前に起きてゲームをしていたら22時。ときーです。

8年ほど前から誰に見せるでもなく書きなぐっていたゲームの感想があるのでいい機会だしここで公開します。

※長らく自分用だったので見苦しいところなど訂正しています。

謎の採点とかも付けちゃってます。気にしないでください。





LOVESICK PUPPIES-僕らは恋するために生まれてきた-

COSMIC CUTE(あかべぇの子会社)

©COSMIC CUTE






スポンサーリンク

あらすじ

崇村虎太郎は普通の学園生だった。
『相談室』の一員であること以外はいたって普通の。

相談室――
それは別名『苦情係』『なんでも屋』なんて言われるほど、学園内外の様々なトラブルが持ち込まれるやっかいな所だった。
『あいつはハズレを引いた』皆がそう哀れむほど。
だが、元来から世話焼きである彼にとって、色々な人たちの相談に乗る日々はそう苦痛でもなかった。
――そんなある日、虎太郎はひとりの少女と出会う。
『退学一歩手前の校則違反を犯したひねくれ者』
――空小路織依、である。
そんな彼女の教育係に任命され戸惑う虎太郎。
性格はすこし難はあるものの、仕事にはひたむきな彼女をみて虎太郎は感心する。

そんなある日、彼女は主人公の家がアパートであることを知り、自分を住ませて欲しいと強くお願いしてくる。
断ろうとする虎太郎だったが、彼女の強引さと、その裏にある事情を知り結局OKすることに。

こうして、2人の奇妙な同居が始まる。
お互い不慣れながらも、なんとか共同生活をこなしていこうとした。
――そんな最中、問題が起きた。
叔父が経営している、このアパートの取り壊しの話が持ち上がったのだ。
当然、ふたりは動揺した――
虎太郎は思い出の家を失うことに。
織依は自分の人生をやりなおすための家を失うことに。

だが、嘆き悲しんでいる時間はなかった。
事態は二転三転し、逆に住人が増えることになってしまう。
ちょっと内気で、だけど頑固なワケアリ少女の柴咲まるな。
今売り出し中の人気声優でちょっぴりオタクなソーニャ。
そこに、クラスメイトで武道一直線の姫里勇と、気心の知れた幼なじみの保科有希も加わり、アパートは更に賑やかさを増していく。

※公式サイトより引用

謎の権限を持った「相談室」とかいう美少女ゲーム特有のパワーワードが飛び出して早くも泥舟感満載。

ちょっと逸れますが、なぜ創作の生徒会とかって謎の権限持ってるんでしょうね。キルラキルの本能字学園生徒会とか流石にやり過ぎではと。

登場人物

主人公 崇村虎太郎

旗尾学園相談室に所属。

相談という名の苦情と日々戦っている苦労人。

だが、持ち前の楽観論で、仕事自体はさほど苦には思っていない。

ヒロイン

空小路 織依 CV-瑞乃 明日香

デ・ジ・キャラットは生きていた!!世紀末にオタクを沸かせたアキバの象徴が蘇った!!!

真田ア○ミの声をした空小路織衣だァーーーーーーーーーーーッ!


柴咲 まるな CV-歩河 みぃな

バーリ・トゥード(なんでもあり)ならこいつが怖い!!

無害な核弾頭!柴咲まるなだ!


ソフィーヤ・アレクセーエヴナ・フェオファノワ CV-三代 眞子

特に理由はないッ 声優が可愛いのは当たりまえ!!

事務所にはないしょだ!

声優のソーニャがきてくれたーーーーーーーーーー!!


姫里 勇 CV-一色 ヒカル

デカァァァァァいッ説明不要!! 92!61!88!

姫里勇だ!!!


保科 有希 CV-桐谷 華

声優の演技は桐谷華が完成させた!!

俳協の切り札!!保科有希だ!!!!

ちょっと遊びたくなったんですごめんなさい。

点数の基準について

雰囲気・世界観・演出

大雑把なイメージで表題通り。

内訳は世界観割合多め、演出多め等作品ごとに異なります。

シナリオ

泣きゲー・ギャグゲーなど入り交じるので、コンセプトに沿ってるかを重要視しています。

ホワルバ2と恋愛0kmは前者のほうが面白いと感じていますが、方向性が違うので採点はどちらも同じぐらいの高得点です

キャラ

キャラの造形、言動、声優等、色々。

個人的に重視しているポイントなので配点は多め。

音楽

名曲かどうかは当然、場面場面事にあっているかどうかが重要。

OP,EDも含まれています。但し挿入歌については演出枠に。

グラフィック

主にCG。キャラデザに関してはキャラ枠で。

システム

メインゲーム画面のUIからコンフィグ、セーブスキップ周りまで全般

あっちのほう

そこまで重視している点ではないので配点少なめ。

ただし、そういったCGはグラフィック枠でなくこちら。シチュエーションから台詞回しまで全て。なのに5点満点しかないです。

補正

意味がわからないのに配点がデカすぎる。事務手数料みたいなもの

好きなメーカーやライター、何がとは言えないけどお気に入り作品などはこちらが高くなる傾向。要するに点数調整役。

自分では良作、世間では神作みたいなものはそういった点を考慮して引き上げる場合あり。

点数

雰囲気・世界観・演出 10/10
シナリオ       22/25
キャラ          14/15
音楽                 9/10
グラフィック     8/10
システム           3/5
あっち                3/5
補正                 20/20

合計・・・・・・・・・89点

雰囲気・世界観・演出

「家族」をテーマにおいたハートフルストーリーという感じ。

あくまでも日常の中のお話で登場人物の掛け合いやドタバタ感、のんびりとしたときの流れが感じられて非常に良かった。

シナリオ

前述の通りの心温まるお話で、家族の絆など、個人的にグッとくる展開が多く、優しい世界。ここが合わないと難しいかもしれない。主人公に嫌味がなかったのもポイント

特に大きな山場は無く、盛り上がる展開というわけではないが、感情の描写が細かく丁寧。

いちゃラブにニヤニヤさせられたり、ヒロイン同士のやり取りにほっこりさせられとたり、引き込まれてずっと見ていたくなる。ALSが激しい

キャラ

定番といったキャラ付けの5人

みんながみんな他をしっかりと思いやる気持ちを持っているのはいいことだ。後で細かく書きますが、有希のおかげで高得点。

勇のキャラがちょっと薄い気はする。

音楽

終始穏やかな曲調が多め。タイトル曲は一生聴いていられる。

OPは志倉千代丸と桃井はるこ共同プロデュースのアフィリア・サーガで、ノリのいい楽曲。

EDはすーぱーそに子でおなじみの第一宇宙速度。所謂OPっぽいアップテンポなED曲で、しんみり曲よりかはこういう系が好き。

体験版レビューキャンペーンをやったおかげか、EDに僕の名前がクレジットされています。探してね。

グラフィック

特に違和感を感じることはなく、三九呂さんは今まで知らなかったですがすごく魅力的で正直かわいい。

立ち絵の表情が豊かで、目パチ演出もある。正直かわいい。

SDも数が多く正直かわいい。

システム

基本的なものは全て抑えているが、スキップは面倒すぎて困った。「次の選択肢に進む」が欲しかったか。後、デフォルトの設定が右クリックでウインドウ消去ではなくコンフィグなのもちょっと気になる。

それ以外は減点方式なら問題なし。

あっち

まあ普通って感じ。

特典の追加パッチでサブキャラ2人含めて1種類ずつ計7シーンほど増えるが、いずれもCGが1枚で変化しない。延期特典であるが故に手抜き感が漂う。

補正

個人的にドハマリしたのでこれは20点でゆらがない。

個別

前述のとおりキャラが薄いのと他に、シナリオが取ってつけたような山場。
その山場はなくてもいいよねって感じた。

所謂乳要因のさだめか。

ソーニャ

タイトルを一番体現してる気がする。ワンコみたく好き好きを超ストレートに表現してくる子。最初はハーフ設定いらないのではと思ったけど、このストレートさをわかりやすく色にするならハーフというのも納得。
声優・歌手設定があるのならED違ってもいいんじゃ・・・とは思ったが大人の都合とかありますしね。

まるな

ただのロリ枠に見せかけて意外としっかり者。

凄く周りを気にかけられる子なので、少しシリアスになった他ルートでの清涼剤となっていいポジションだなと。雰囲気が沈んだときに真っ先に発言してくれるのはこの子。

バブみは感じない

織衣

最初はあまり良い印象とは言えなかったですが、付き合いだしてからはなんやこのかわいい生き物!?って感じで非常に良かった。

最初はツンデレなんですけど、ツンデレがあまり好きじゃない自分が不快にならない程度のツンデレ具合。
両親との問題はもう少し深く描写しても冗長にはならなかったと思うからしっかり書いて欲しかった。
有希ルートでのアシストは「お前神かよ」ってなった。

↓こっからオタク特有の気持ち悪さが爆発しています。

有希

ヤバイ。幼馴染マジヤバイ

主人公の過去話やらなんやらとストーリーでも重要なところを担ってる、むしろメインヒロイン。恋愛感情がないにせよ他ルートでも甲斐甲斐しくお世話してくれるおばちゃん。
他作品の幼馴染とは一線を画してるんですよね。よくある幼馴染キャラとしてありがちなのは

昔から一緒で何かのタイミングで恋心が芽生える

というのが多いんですが、この子と主人公に関しては

お互い好きで大切なのは当然。

そんな些細な事は10年以上前に置いてきた

というところでしょうか。

初登場は学食が客の大群で助っ人として入って忙しなく料理を提供するんですが、その初登場から主人公と阿吽の呼吸感が随所に散りばめられています。

キャベツの水を切るザルの場所を教える際はノールックで

「頭の上のちょい右」「あいよ」

「崇村、ちょっといい」→サッと水を差し出す

特に言及されていないのもポイント。

「流石幼馴染だね~」「夫婦みたい」

と他キャラから言われると逆に萎える。

キャラの良さは勿論、声優である桐谷華さんの好演もミソ。感情表現が凄まじすぎると再認識した作品でもある。このことは別の記事でいつか書きたい。

2013年のゲームですが、キャラとしての完成度が高すぎて2017年現在も未だに上を行くキャラが出てこない。

「彼氏より夫になって欲しいと考える時間のほうが長かった」ってセリフで私は完全に地に沈みましたね。
有希は虎太郎くんのこと好き好き大好き愛してる一緒の墓に入るプランめっちゃ考えてるって子なんだけど、何よりも虎太郎くんの幸せを願っているので、

行動原理が全て虎太郎くんのためっていう凄く健気な子。

おどけて見せるのも、優しく微笑むのも、必要な時に必要な手を差し伸べるのも、全て虎太郎くんが安心できるように。


その書き方が私にはどストライクなんです。

比較対象として挙がるのが、本作と同じ安堂こたつ氏がシナリオを務めた「W.L.O 世界恋愛機構」の愛奈ことあーちゃんですね。

うーんこの一時代前のキャラデザ。

あーちゃんも幼馴染としての破壊力最強説ありますし、良妻賢母っぷりはあーちゃんのほうが上かなと。

後、メインヒロイン枠で他ルートでも良さを詰め込まれているのがあーちゃんの特徴ですかね。

有希はサブヒロインどころかキャラクター紹介一番最後ですからね。

方向性は違うのでなんとも言えませんが、どこの差か自分ではわからないんですけど、私は有希の方が好みです。声優だろ

総評

音楽が雰囲気にあったものに多くて、名曲らしい名曲はないものの何故か惹かれるものがある。

ぶっちゃけ有希ルートでお釣りが返ってきます。

あくまでも日常の延長線上にある作品なので、シナリオ的に特に大きな盛り上がりがあるわけでもなく、壮大で熱い展開、感動の展開というわけではなく、静かな盛り上がりにほっこりして、時にはじんわりと来て、終始「楽しい」と感じる作品。

「すごく面白くておすすめのゲームですよ!」

とは言えないけれど、やってよかった。と思えるゲーム

年取ってくるとこういうゲームが好きになる。

と、初回から結構ぶっ飛ばしてしまったが、このゲームがしっかり書いてあるだけで他のゲームは大抵適当なんですよね。次回以降どうしようかって考え中です。失踪も有り得る。

もし続くとしたら最新作か以前プレイした作品のメモから推敲して書くのかはわかりませんが、書いてて楽しかった。

では。




スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローする