スポンサーリンク

ミリシタ配信開始&ミリオンPが1日プレイしてみての感想

スポンサーリンク

Raise the FLAG大好きおじさん。ときーです。

ミリシタ配信されましたね。

配信日がかなり近づいてた感じはあったのですが、想定より早かったです。

未来の誕生日に合わせてくる説がまさか本当にあるとはという感じ。

で、憶測にすぎないのですがあの先にDLさせておいてリリースまで少しお待ち下さいのスタイル。

DL数からアクティブユーザーを予想してサーバーの強化を図ったとしたらかなり良運営ですね。どの運営もやればいいのにと思う反面、売上がある程度見込めて大本がかなり大きいアイドルマスターというコンテンツ力なのかもしれません。

さて、そんな美談になりそうなならなさそうなお話は憶測の域を出ないのでこの辺にしておいて、とりあえず1日プレイしてみて感じたことをいくつか。

スポンサーリンク

感想

まず、高木社長の挨拶からゲームが始まりましたね。

その時点でもう「アイドルマスター」なわけですよ。わかってくれますか。

3Dモーションに関してはもうバンナムお得意という感じ。たまに貫通してるけど。

静香のモーションが据え置きの貴音のモーションに似すぎてて使い回しじゃないかと思う部分もありますが、別にそれが開くというわけでもないので問題は特になし。

動きは本当にアイマスなんですが、シンデレラから入ったP、特に今までの765を知らない人たちにはどう写っているんだろう?という部分が。

今風というか、大衆受けするようにブラッシュアップする選択肢もあったと思うんですが、敢えてアイマス感を貫き通したキャラの動きは僕にとってはすごくプラス。

コミュとかその辺に関してもちゃんと本来のアイマスのコミュだし、言ってみれば「シチュエーショントーク」ではないのが非常にGOOD

画像 画像

踏み台持ってくる桃子パイセンが可愛すぎてどうにかなりそう。元々好きな子だけどパイセンかなり来てる。

そういえば恵美が出迎えてくれました。幸先良し。

画像

メイン(?)の音ゲー部分はデレステと比べると少しお粗末。

ノーツが見辛い、長押しわかり辛い、判定ゆるい

緩いというか、goodもコンボ継続でslow/fastの判定が狭すぎるからか、叩くことが出来ればとりあえずコンボ継続するという感じ。

BSは一応フルコンとっておきました。やっぱこの曲かっこいい。

画像

ネックなこととして、デレステに比べて高負荷だからか3Dでやってると焼肉出来そうなスマホが爆誕するということ

曲の最初はノーツが降らないことと、サビでバーストアピールみたいなのが入るのでその間はノーツが振ってこない。2Dにすると勿論画面は動かない。といった拍子であまりに虚しい。

どちらを選んでも微妙なモヤモヤが残るのが若干しんどい。

画像

バグで歌マスがプレイできない男。

歌マスが入るということは、他のコロムビア曲も期待して良いのだろうか。

知らない人に補足しておくと、アイドルマスターは日本コロムビアランティスの2つのレーベルからCDを出しています。

大元はバンナムが管理しているとはいえレーベルが変わると抱えてる作詞家、作曲家も違うので曲の雰囲気もディレクションも変わってきます。

765、シンデレラがコロムビア。

ミリオン、sideMがランティス。

ミリオン名義で出してる765曲はランティスですけどね。

ミリオンのライブではコロムビア発売の765曲カバーがあったりしてたんですけど、まさかゲームでもあるとはという感じ。しかもミリオンの方で。

OFAとかは765本家本元だからシンデレラもミリオンも参戦は容易だったと思うんですけどスマホゲーで来るかと。

で、そんな「THE IDOLM@STER」(通称歌マス)初代アーケード版のED曲で、アイドルマスターの主題歌です。

単独、合同問わず765が絡むライブではライブ初めかライブ終わりに歌われるまさに主題歌です。そんな曲が入ってるなんて否が応でも興奮してくるでしょう。

まあ、歌詞はアイマス作詞問題児こと中村恵さんのクソみたいな作詞なんですが。それでもテンション上がるのはやはり歌マスの魔力。

画像

アイドルとメールできるんですよ。なにこれアイドルマスターかよ。

後々日時指定してこの時間に会いに来てとかいうアーケード時代のキャバメールシステムに苛まされるんでしょうか。僕は当時プレイしてなかったので知りませんが。

画像

ちゃんとハム蔵いるじゃーん

画像

誰だコイツ

結構いいなと思った要素として、お仕事要素。

お仕事内容はなにこれアイドルマスターかよ。って感じのものばっかりなのですが、何が良いってお仕事をするのに所謂スタミナを消費するんですが、報酬が貰える上お仕事に使ったスタミナと同じだけのライブチケットが貰えるんですよ。

勿論ライブはスタミナ使っても出来ますけどね。

つまるところ「スタミナ溢れそうだけどプレイする時間がない」というソシャゲで一番悩まされる部分をスタミナはサクっとお仕事に費やして、「後で時間出来た時にライブ」というスタイルを取れるんですよね。

しかも、面倒な場合はライブチケットを最大で10倍消費することで親愛度やなんやらの要素もその倍数だけ貰える。

画像

サクッと親愛度や覚醒ポイントを貯めたい場合はお仕事に石割りまくって10倍消費でドカンとやってあげると簡単。

アイテム等の報酬は既にお仕事の方で獲得しているので、ライブチケットを使用したライブではアイテムを貰えませんが。

後スタミナ使ってライブやったほうが報酬も良い。

で、新キャラの桜守歌織ちゃんと白石紬ちゃんですが、現状はなんとも言い難い感じ。

どちらもある程度会話していく中でのキャラクター的に「君らシンデレラガールズの方行ったほうがよかったんじゃない?」という印象。特に白石紬ちゃん。

別に悪い意味でも何でも無くね。今のところ可愛いし。

でも今までミリオンどころか765もあんまり知らないみたいなシンデレラPには、やはりというか割とウケがいいみたいなので、そのへんの集客には一役買ってるみたいですね。

残念なこととしては、事前のMVやらでわかってはいましたが、LTPの4人曲を5人で踊ってることですよね。今のところBSマリオネットココロが帰る場所の3つ。

今少し不安が押し寄せてきてるのはいつかの記事で書いたジュリア問題。

ジュリア曲このままだと踊りそうだなあなんて。

新曲追加ペースどんなもんなんだろうか。楽曲数は765に次いで2位だしコロムビア曲も視野に入るからガンガン追加してくれて良いのだけれど。

据え置き本家みたいに曲の歌い分けについてはBNTでやってくれてるけど他ではやってくれないのは仕方ない。いややって欲しいけど、そんなことするとスマホ爆発不可避。

音ミックスさせちゃえば1つの音声ファイルでいいけど、歌い分けさせると1曲に音声ファイル52個必要だからね。

読み込みが多いのも少し不満。

アプリ自体の容量が少ないからちょくちょくDLしないといけないんですよね。

画像

FGOがかなり少ないのも、まあそういうことです。

で、琴葉っすね。田中琴葉。

とりあえずは到着が遅れているということで未実装なわけですが、ごちうさの劇場版放映日が決まったり、ソーマの3期が決まったりと、種田梨沙復帰の予兆が見え始めたのでそこまで遠くないのかもしれない。

見込みが立ったからリリースした説も推していきたい。

実装に際して何かしらの演出持ってくるのかなあ。

とりあえずやってみて細々とした感想としてはこのぐらいか。

僕としてはミリオンライブをあのグリー以外でやってくれること自体がかなりのゴキゲンサンバって感じなので、よっぽどのクソゲーを持ってこられない限りはオールオッケーなんです。

デレステと比較されたり対立煽りが湧いたりしがちで、僕はシンデレラもミリオンも好きですがそういう話じゃないんです。

ミリオンライブの楽曲が出来るゲームがリリースされたというだけで他のゲームなんて関係ないんですよ。

蓋を開けてみれば据え置きには劣るけど、スマホゲーという視点で見たらかなりの高クオリティに仕上げてきてくれて満足です。不満点はあれど改善見込めるでしょう。

ミリオンライブ曲いいからみんな興味持ったらぜひ聞いてね!

どれ聞いたら良いかわからないって場合はこの記事ね!

では。