スポンサーリンク

今更桐谷華という天才声優について話したい

好きな声優は小倉結衣(唯ではない)。ときーです。

天才声優、桐谷華。

旬の時期は2013年かなと思う。以降業界に桐谷華がいるのは常であって、一種の慣れみたいになってしまっていた部分もある。

というか出過ぎて食傷気味だったのかもしれない。

しかし最近、某有名朝日新聞社記者がそっち系のゲームにお熱で桐谷華を度々話題に挙げていたということ、僕も最近LOVESICK PUPPIESをやり直したりしたこともあって良さ、凄さを再認識した次第です。

結構挑戦的なタイトルですが、他の声優下げしたいわけではなく、桐谷華という声優の素晴らしさをプレゼンしたいという話です。

「じゃあそれ以外の声優は駄目なのかよ!」

いえ、そういうわけではなく、えー僕が好きなだけです。スイマセン……

後、今回は一般的でいうところの表にはあまり触れません。沢澤砂羽には触れるかも。

2017/06/18 

最近この記事のアクセスが増えてきたので追記

最近は沢澤砂羽名義がメインになっています。

桐谷華時代に取ったお仕事の続編とかのみ桐谷華名義です。

スポンサーリンク

まず桐谷華さんについて軽く紹介をば。

所謂、で活動されている声優さんです。所謂裏名義というやつ

2011年にAugustから発売された穢翼ユースティアで聖女イレーヌの召使「ラヴィリア」役が初めての名前付きキャラクターですね。

SEVEN WONDER太陽のプロミアにも名前付きモブ(ガヤ含)にも出ていたみたいですが僕はわかりませんでした。プレイしたのが結構前ですがファンタジー好きなら面白いよ。

急にSFチックになるけど。

その後はAlcotの春季限定ポコ・ア・ポコやSAGA PLANETSのはつゆきさくら等に出演し注目を浴び、一躍トップクラスの人気を獲得。

その後は安定して毎月何本かは名前を見るようになり、定番声優の1人になりましたね。ゲームの単価ってアニメに比べてかなり高いけどいくら稼いでるんだろう。

僕はどこに惹かれたかというと、なんか強く脳味噌にこびりつく特徴的な声でいつの間にか好きな声優になっていたという感じ

具体的な魅力を語りたい今回の主旨と外れすぎている感じです。あかんやん。

僕みたいに素人の一消費者があんまりな事を言うと恥をかきそうですが、僕が思う部分を素直に書いていきます。

なので、具体性に欠けます。そこは許してください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

声質が良い

これはさっきもフワッとした感じで書きましたが、詳しく書こうと思っても結局フワッと感からは抜け出せないのです。

ただしそれがファーストコンタクトではかなり重要なのではないでしょうか。

独特の鼻にかかったような声だけど、丸みのある聞いていて疲れない声(表現難しい)

で、同じ声出しているんだろうけど全然別物に聞こえるん時があるんですよね。

これって昔から活躍されている声優さんは大抵そうなんですが、

クリリン、ルフィの声とカンナ(サクラ大戦)は声の出し方ほぼ同じだけど特徴的で恵まれた声、後述する表現の問題で別に聞こえるような感じ。

演技幅が広い

こちらに関しては声優の上手さを素人が語る上で外せない部分ですよね。僕もそうです。

東山奈央のどこから川島瑞樹の声が出ているんだと言う話に近い。あれは無理してクソほど崩壊してるからミスキャスティングだと思うけど。ファンの人ごめんなさい。

アッパー系、ダウナー系、優等生、ヤンキー、ショタ、ロリ、おばさん

どれをやらせても卒なくこなす印象があります。

本人が演じやすいキャラクター像として元気なロリキャラを挙げていますが、それ以外も色々すごいなーと思う。

とあるヒロインと、立ち絵無しでそのヒロインの母親役、ED後のヒロインの娘役やったりする作品もありますよね。

で、演じている役がどんな場面でも崩れないんですよ。すげえって感じ。

役への入り込み方が凄い

きたよ~フワッと系。

まあ、なんだ。春季限定ポコ・ア・ポコの駄妹とか、あえて無視するキミとの未来の計とか、主にAlcot作品なんですけどね。

ここまでノリノリに演技しなくても・・・ってぐらいノリノリ。

逆に宮崎駿が嫌がる声優の演技ってこんなんだろうなとも。

たまに起こる現象で恐らく僕だけだと思うのですが、

「このキャラクターは最初からこの声だった」

という現象

??????????????????

いや僕だけが起こる現象って前置きしたからセーフ・・・

なんだろう、感想としては子供的というか、アニメ、ゲームに傾倒しない人の感想っていうのかな。

桐谷華が声を当てているからこの声なんだ。とは全く思わないんですよね。

キャラクターに合った演技をするのではなくて、キャラクターを自分のものにするみたいな感覚なのかな。

「キャラクターに息を吹き込む」っていうのはこういうことなのかなとも思ったりします。

彼女の場合は演技力が凄いというより、表現力が凄い。

「こう来るか!」みたいなものが多くて本当に色々声を聞きたくなるのです。

表現力がすごいアレ。

コレが書きたかった

基本的にこの業界は一般的なアニメのアフレコと違ってみんなで一斉にというわけではなく、個室ブースに入って1人で黙々と声を吹き込んでいくという形なので、同業者の技術を盗むと言うのがあまり出来ない訳ですが、天性のものなのか研鑽の賜物なのか、それにしても感情表現の種類が多すぎる。

感情といえば喜怒哀楽。喜怒哀楽の、「喜び」「怒り」「悲しみ」「楽しさ」それ以外に簡単に思い浮かぶものとして、

驚き・不安・興奮・恐怖等、他にも腐るほどあるでしょうがとりあえず割愛。

よくある声優に対しての「ネガティブな意見」

「こいついつもこの声だな」とか

「叫ぶと○○になるね」

って事が結構あると思います。棒読みとかは抜きにして

前者はそういう声が求められているという背景も少なからずあると思います。

後者はもう技量不足なんじゃないかなって。必殺技とかで語尾伸ばすと別のキャラこんにちはする時あるね。

逆にキャラを意識しすぎて迫力が無くなってしまったりする人もいる。

あんまりよくわかってないですが、声優さんの演技ってかなりの感情表現の幅があるんじゃないかなあって思うんですけど、こと桐谷華に関してはその3倍ぐらいあるんじゃね?って思います。

というのも、声優さんもプロなので単一の感情表現だけでなく「喜び+不安」「怒り+悲しみ」等、感情を声だけで組み合わせて表現する技術があるんですよね。

この時点で我々素人には無理な領域です

僕はクロシェットのはるるみなもに!をプレイしている時に思ったんですけど、キャラが喜び、不安、希望、自責どれとも取れる、あるいは全て含んだ台詞があったのですが、それを声音で見事に表現してて

「こいつこの1文の台詞からどんだけ感情溢れ出してんねん!?」って思った部分があったのですがどこのシーンか忘れました。あかんやん。

ただ、他のキャラクターを見ても制作側はここまで要求していないと思うんです。でも凄く細かい感情まで表現できるのはただただ技量だなと思う。

それの使い分けによって同じ種類の声でも違って聞こえる感じがするんですね。

いじょ。

ゲームはゲームで、アニメはアニメでの演技の違いって言うのがある事や人気が出るかどうかはタイミングもかなり重要になって来るのでこれが表で成功するかはわからない。

ただ、表は表で声優からの評判は凄く良いんですよね。演技に関しては。

繰り返しになるんですけど、僕みたいなただのにわかクソオタクがあんまり語る事でもないのは重々承知なのですが…

一度がっつりと語ってみたかった話題なので良い機会でした。

以下、桐谷華さんが声を当てているオススメキャラクターを紹介していこうかと思います

スポンサーリンク

オススメ桐谷華

※Google様に怒られたくないのでリンクは貼りません。各自で調べてください。

おすすめゲームじゃないです。オススメ桐谷華です

LOVESICK PUPPIES - 保科有希

有希

説明不要。

史上最強幼馴染に打ちのめされろ。

詳しくはこちら

春季限定ポコ・ア・ポコ - 野々宮藍

駄妹

シスコーンって感じ。

ここまでぶっとんだ演技をされると好きにもなるさ。

お嬢様はご機嫌ナナメ - 七伽七波

七波お嬢様

まっじで。まっじで。

ダウナー系ながら奥底では感情豊かな七波お嬢様最高。

なんとなく初期の野原しんのすけっぽいよね。わかるかなこの感じ。

あえて無視するキミとの未来 - 真鍋計

オナガー

オナガー真鍋

やはりAlcotは使い方がうますぎる

天色*アイルノーツ  – 真咲・ガイヤール

わふわふ

サノバウィッチの綾地さんと迷いましたが、わふわふしたいのでこちらにしておきます。

あっちはあっちでぶっ飛ぶところはいい感じにぶっ飛んでますが

ChuShinGura46+1  – 堀部安兵衛

安べー

かっこいい。まじかっこいい。かっこいい系のCG探したけど血飛沫だったり刀が身を貫いていたりと使えそうなものが無かったので・・・

らぶおぶ恋愛皇帝 of LOVE  – 鳳エリカ

エリカたま

控えめに言って最高。若干ぎこちない演技もあるけど。キャラはすごいええ。

ギャングスタ・リパブリカ - シャールカ・グラスマノヴァ

しゃーるか

シャールカ先生すこすこハム太郎だけどギャングスタアルカディアはひどかったからな・・・

あくまでキャラクター重視だ。

はるるみなもに! - 幡上芽以

ぼるとろす

キャラが凄く良い。ルート入ってからはくどすぎるというか、甘すぎて糖分過多だった面もあるが、十分魅力的なのでOK

いじょう!終わり!必要があれば追記する!!!!!文句があればTwitterまで!!!!!

スポンサーリンク

フォローする